住宅設備お手入れまるわかり<キッチン編>

住宅設備お手入れまるわかり

ARCHIBLAST(アーキブラスト)は、東京・都心ならではの狭小地にローコストでデザイン注文住宅を設計・施工する建築設計事務所です。

こんにちは~現場監督の吉野です!

新しく新居に住まわれてから毎日使われるキッチン、お風呂、トイレなどの住宅設備ですが、施工を担当している身からしても清潔な状態で長くご使用いただきたいといことで、簡単にお手入れ方法を住宅設備別でご紹介したいと思います!

第一回はキッチン編ということで、部位別にお手入れ方法をご紹介したいと思います!

ウェブ限定の建築事例集を無料プレゼント!詳しくはこちら>>

部位別お手入れ方法

住宅設備お手入れまるわかり<キッチン編/>

まず、お手入れの大原則として「汚れがこびりつく前に汚れを落とす!」これに尽きます。キッチンは特に日々口にするものを調理する場ですのでお手入れを怠ると健康被害にもなりかねません。基本的なお手入れは台所用洗剤とスポンジ一つでできますので部位別にやり方をみていきましょう!

【シンク】

シンクのお手入れは水滴を残さないこと!これがとても重要になります。
表面のくすみや汚れ、サビなど様々な経年劣化の原因となってしまいます!
日常的には水で綺麗に洗い流した後、からぶきをして水滴を残さないようにしましょう!
落としづらい汚れは台所用の中性洗剤などで汚れを落とし水で綺麗に流して後、しっかりとからぶきをしましょう!

【排水口】

排水口のお手入れはゴミを残さないこと!
網カゴにゴミが溜まっていると黒ずみ、ヌメリの原因となります。
日常的にゴミは残さず台所用洗剤で綺麗網カゴに洗いましょう!

【コンロ】

使用後のふき取りが肝心!
コンロ周りは油汚れ、煮こぼれ、焦げ付きなど落ちづらい汚れが多くあります。
調理後の汚れが温かい状態であれば汚れは落ちやすいので使用後にふき取りを行いましょう!

【レンジフード】

レンジフードのお手入れは2~3ヵ月に一回行うことを推奨します!
掃除を行っていただきたい箇所は二カ所でファンとオイルトレーになります!
中性洗剤でふき取りを行いましょう!
こびりつく前にふき取る事が肝心になります。落ちづらい汚れはつけ置きを行い、それでもダメな場合はクレンザーなどで汚れを落としましょう!

【食洗機】

食洗機のお手入れは主に二つで、①残菜フィルターのゴミ取り出し②食洗機内の乾燥になります!
カビは高温で湿気が高い場所を好むためしっかりと乾燥させましょう!

【カウンター】

カウンターはこまめなふき取りを心掛けましょう!
カウンター材がステンレスの場合だと水道水に含まれるカルキが堆積して汚れとなってしますのでシンク同様からぶきを最後おこないましょう!

最後に

以上が部位別のお手入れの方法でした!
新品の状態でお客様にお引渡しをするのが現場監督としての仕事になりますが、日常的なお手入れに関しましてはお客様ご自身でやっていただくことになりますので参考になればと思います。
もちろん、何かキッチンのトラブルがありましたらアフターフォローさせていただきますのでご連絡いただければなと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!

ARCHIBLAST(アーキブラスト)は、東京・都心ならではの狭小地にローコストでデザイン注文住宅を設計・施工する建築設計事務所です。
狭小地でも広く感じられる住まいを建てたいとお考えの方は、ぜひご相談ください。

ウェブ限定の建築事例集を無料プレゼント!詳しくはこちら>>

ご相談予約・お見積り依頼はこちら>>

         
一覧へ戻る