BESTA

BESTA

徹底的に「限られた敷地の有効活用を追求する」こと。

魅力的な住空間からはじまる、「東京アパートメントライフ」という暮らし方。

狭小設計の集合住宅「BESTA」

限られた敷地の有効活用を追求する。

その中で生まれたキーワードは、“立体的に暮らす”ということ。

新しい暮らしから始まる東京アパートメントライフです。

立体設計で空間を有効活用

都心ならではの狭小地に対応した新しい都市型コンセプトアパートメントで、従来の設計に比べてデザイン性や機能性、何より優れたコストパフォーマンス性を実現しました。独自の立体設計から床面積を確保することができ、本来であれば19㎡の間取りから、約24㎡レベルの間取りを引き出します。「ロフト空間」や「半地下空間」はゲストの満足へとつながり、さらに計画戸数を増やすことできるため、安定的な収益が確保された運営を行うことができます。狭小であることを強みに生かす、そんな逆転の発想から生まれたさまざまなアイディアが「BESTA」には詰め込まれています。

床面積や耐久性を確保するBESTAの仕様

2階部分には「SKY LOFT TYPE」、1階部分には「UNDER BASE TYPE」と、それぞれに特徴を持たすことで、ゲストの感性に訴えかける設計デザインになっています。「木造軸組工法」を採用しているため、壁の位置や窓の大きさに制限が少なく済み、自由な間取り設計が可能です。「壁」でなく「柱」で支える構造のため、増改築なども容易で、時代に合わせたコンバージョンが可能です。さらに地震などの災害に強いといった特徴もあり、耐久性に優れたつくりは、住宅性能表示制度における劣化対策等級の最上級を取得できる仕様となっています。

無料ご相談ではじめる家づくり

ARCHIBLASTでは随時相談会を開催しています。
家づくりに関わること全て、建築士がお伺いします。デザインの他、土地探しからのご相談も承っております。

TOP  PROCESS  WORKS  INTERVIEW  ABOUT US  SHOWROOM  CONTACT
お問合せ・資料請求