「ウッドショック」について

今、住宅業界では「木材不足」が懸念される事態がおきています。これは主にコロナ禍のアメリカで、経済政策の後押しもあり、住宅需要が一気に高まった事などが原因です。 これにより世界中で”木材争奪戦”となり「ウッドショック」といわれる事態にまで発展しています。 日本の住宅業界への影響は大きく、木材価格の高騰、木材自体の供給不足が現実に起き始めています。

弊社としましては、協力会社様と連携しながら事態の把握に努めつつ、出来る限り自助努力をしていく構えでおりますが、予定通りの上棟ができない、若しくは木工事が進められないなどの事態になりかねないと危惧しております。

引き続き、木材供給会社様と先を見越した情報共有に努め、対応して参ります。